大学入学共通テスト 国語・数学の記述式延期が発表されました

2020年度から、大学入試センター試験に代わって大学入試共通テストが始まります。

センター試験からの変更点

英語

読む・聞く・書く・話すの4技能を評価するため、民間試験を活用することが考えられていましたが、延期が決定しました。
24年度に新制度の実施が検討されているそうです。

散々言われていることだとは思いますが、入試の制度や評価基準を変えるだけでは全く意味がありません。話す技能を採点基準に取り入れたところで、今までできなかったことが急にできるようになるわけがありません。

そもそも、日本の英語教育は間違っています。
中高を通して、英語の採点基準はリスニングと読み書きだけです。
現在の英語教育で模範生徒となれても、英語を流ちょうに話せるようには絶対になれません。私がそれを証明しています。

日本では英語を話すという習慣が一般的にはありませんし、そもそも教える立場であるはずの教師に英語を話せる人がほとんどいないというのが現状です。
もっと外国人講師やアシスタントを取り入れ、日常的に英語を話す環境を取り入れなければ、入試制度だけ変えても全く意味はないでしょう。

ちなみに社会人になって最も求められるのは話すスキルです。
就活でもTOEICの点数を見られることが多いそうですが、TOEICは英語力の指標にはなりません。

国語・数学

思考力や表現力をみるために記述式を導入する予定でしたが、延期が発表されました。

均質な採点が難しいことはわかりきっていたはずですよね。
どうして対応が後手後手に回ってしまったんでしょうか。

ただ、我々が受験者としてやるべきことは変わらないです。

日々努力しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です