社交界のプロ、カーテン

ある日、K氏が神社に参拝していた。つい最近妻に浮気がばれてしまい、離婚寸前といったところだった。

「神様、どうかお願いです。」

K氏がそうつぶやいた瞬間、目の前に男性が現れた。

K氏は彼が神様であると直感した。

「あなたが神様ですか?お願いです、私と妻の仲を戻してください。」

「うーむ、やはり男女の仲というのは難しいものなのだな、私も妻とうまくいってないくらいなのだ。」

「神様にも夫婦の関係はあるんですね」

「ああ、それで私の妻なんだがね、視力が低いんだよ。
神様のかみさんはめがみえん、なんつって」

神様は一人で大笑いを始めた。

「はあはあ、腹いてー! 神通力で治そう」
一瞬で笑いは引いた。

「今のが神通力ですか?すごい力ですね。」

「いやいや、全知全能の神とは言えども下っ端の私は全然大したことないんだよ……。 サイコロで言ったら、狙った目が5回連続で出せるくらいだからな。」

「大してすごくないような気がしてきますね……。」

「5回雷に直撃することもできるぞ。死ぬけども。」

「それはすごいです!なんで5回なんです?」

「神の中でも下っ端は1日に使える神通力の回数が5回と決められているのだ。」

「じゃあ今日は笑いを止めるのに使ったからあと4回しか残ってないじゃないですか!」

「いや、あと3回だ。ここにテレポートしてくるのに使った。
ということは、すなわち正確にはあと2回だな。家に帰るのに使う予定だからな。(帰りに飲み屋寄りたいからさらに正確にはあと1回かな)」

「私の願いの話はどうなりました?」

「私のエゴでエコひいきしたらまずくないかなぁ。」

「人間なんてみんなエゴイストですよ。」

「確かにそうかもしれない。違う場所で今私に世界平和を祈った人間がいたが、君のせいで却下されるのだからね。」

「両方叶えてくださいよ!」

「そうはいかない。あまりに手を差し延べちゃうと、おカミにガミガミ言われるんだよ、なんつって。」

神様はまた一人で大笑いを始めた。「ああ、腹いてー」

が、笑いは一瞬で引いた。

「ひょっとして今のであと2回になったんじゃないですか?能力の無駄遣いだ!!それこそエゴだ!」

「うるさいなあ、君ちょっと黙りたまえ。」

K氏は寡黙な人になった。

このおかげでK氏の浮気性は消え、夫婦仲は戻ったという。

感想

オチは綺麗だと思う。
動画化しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です