大きい病院でミソフォニアを診てもらいました【Part5】

前回の続きです。

PTSDに近い?

PTSD (Post Traumatic Stress Disorder)、心的外傷後ストレス障害は、強烈なショック体験や強いストレスが心に外傷を与えることで、事件後もその経験(やそれに関連した事柄)に強い恐怖を感じる病気です。

体験したストレスがあまりにも強いとその時の記憶が消されることがあるそうなのですが、小さい頃の記憶がほとんどないあたり納得はできます。

暴露療法が効果的?

私は今まで周りでトリガー音が聞こえたら耳栓をしたりイヤホンをしたりと回避行動を取っていました。

これは短期的にはストレスを抱えない良い解決法ですが、長期的には音に対して慣れる(馴化する)ことがないため、良い方法とは言えません。

PTSDなどの不安障害には暴露療法という行動療法が効果的であることが知られています。

簡単に言うと、患者が不安や恐怖を覚える事柄に徐々に慣れていくという技法です。

私の場合だと、最初は気にならない程度のトリガー音を聞いて、その音量を徐々に上げていき、最終的には普通の音量で聞いてもあまり気にならないという状態に持っていきます。

この具体的方法については今後先生が考えてくれるそうです。

治療薬

また新しい漢方を処方してもらいました。
これも自立神経を調整するタイプの薬だそうです。

Part6に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です