大きい病院でミソフォニアを診てもらいました。【Part1】

家の近くのメンタルクリニックから紹介状をもらったので、大きい病院でミソフォニアを診てもらうことになりました。

通院歴

3年ほど前にも当時住んでいた三重県のメンタルクリニックで半年間ほど診てもらったことはありますが、ミソフォニアという病気が存在しないため、強迫性障害や聴覚過敏としてしか対処してもらうことができませんでした。

また、処方してもらった薬(ドーパミンの分泌量をコントロールする薬)は全く効果がなく、眠くなるだけでした。

今回から通う病院

今回紹介してもらった病院の院長は、初診で30分ほど話しただけですが、非常に知性的で話しやすいという印象を持ちました。
私がミソフォニアに対する投薬治療の有効性に関して懐疑的だということも受け止めてくれました。

私の幼少時の経験などを話した結果、彼自身はミソフォニアの患者を診たことはないけれども、私の幼いころのトラウマが症状を生み出した可能性が高く、それならば認知行動療法は有効なアプローチと言えるかもしれないとおっしゃっていました。

認知行動療法は全15回のセッションで構成されているらしいので、早ければ3から4か月後くらいには効果が見えるかもしれません。

私は現在休職中ですが、もし業務上支障がない程度に症状が快復するのであれば、退職して医学部受験する必要もないのかなと感じています。
もちろん認知行動療法の効果がないワーストケースも考え、受験勉強は治療と並行して進めようと思っています。

Part2へ続く


After a doctor in my neighborhood wrote me a letter of reference, I went see another doctor at a bigger hospital to cure Misophonia.
Although I went to mental health clinic for about half a year where I used to live around three years ago, prescribed drugs didn’t work but instead made me sleepy.

The doctor at the hospital where I am going now gave me an impression that he is very intellectual as well as trustworthy.
He gently received the fact that I was suspicious about the effectiveness of the medication for curing Misophonia.

After talking about my childhood, he mentioned that although he never examined a patient suffering from Misophonia, bad experiences in my childhood were very likely to cause my symptom, and if it is the case, Cognitive Behavioral Therapy might be an effective treatment.

Cognitive Behavioral Therapy program is composed of 15 sessions, so it might get better within 3 months.

I don’ t think I have to become a doctor to find a way to cure Misophonia if Cognitive Behavioral Therapy can treat my symptom so much that I can work with others.
Of course, I’m going to study for 2021’s entrance exam concurrently with going to hospital, considering the worst case where Cognitive Behavioral Therapy doesn’t work.

To be Continued…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です