人生で初めてボランティアに参加してきました。

経緯

会社のイベントで社員全員の参加が必須なボランティア活動以外、生まれてこのかたボランティアをしたことがありませんでした。

そもそも自分に足りないものが多すぎるのに、見返りを求めない奉仕活動をする余裕などないと思っていました。

高校生が内申点のために、大学生が出会いや就活の面接のために行うイメージが強く、それに対して反発する気持ちが大きかったからです。

しかしある日、自分は与えるよりも与えられることのほうが多い立場であることに気付きました。(なぜそう思ったかは省略します。)

たまには自分から他人に無償で何かを与える立場になってもいいのではないかと思い、参加してみました。

感想

悪かった点

  • 今回のボランティア参加者はほぼ高校生とリタイア組で、話も合わず活動中はほぼ何も話さず、辛かったです。
  • 数時間の屋外活動でしたが、同じ班の人がずっと鼻をすすっていて、それが寒さよりもきつかったです。

良かった点

  • これまで、毎日出会って声をかける人間の数なんてせいぜい10人程度でしたが、ずっと多くの人と関わって反応を見ることができました。
  • もっと他人に感謝しようという気持ちがわきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です