二十四の瞳 ~八人の天津飯~

次の日、くまは暗殺された。そう、犯人は勿論箪笥である。死因は足の小指をぶつけたことだった。やはりそうだった。

もしも手のほうだったら生き残っていただろうか?その答は誰にもわからない。神のみぞ知る、だ。

だが神はいない。昨日交通事故で他界したのだ。
信じられないとは思うが、これは事実だ。明白な事実なのだ。

その証拠にほら、今日の空は奇妙な色をしているだろう……。

感想

意味不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です