「かぐや様は告らせたい」をレビューしたいと思います!

「かぐや様は告らせたい」のガチ勢を名乗りたい


かぐや様は告らせたい大好きです!

全巻持ってます!

1話あたり10回以上は観てます!

アニメも全話全裸待機してます!!

ただ、単行本派です。

「かぐや様は告らせたい」はとっても面白い!


かぐや様は告らせたいにハマったきっかけ


自分がかぐや様は告らせたいを知ったのは、今年の初めくらいです。

Netflixで「面白いアニメはないかなー」と色んなアニメをつまみ食いしていましたが、めちゃくちゃハマったアニメの1つです。(ほぼ同時に鬼滅の刃、進撃の巨人もハマりました。)

一般受けがいいのは当然知っていましたが、漫画とかアニメって他人に勧められても腰が重いですよね。

最近新しいアニメやドラマを発掘する際に気を付けてるのは、最初の数分で判断しないこと。

第5話くらいまでは流して観てみて、面白そうだったらじっくり観てみます。(なろう系はNG)

かぐや様は告らせたいはココが面白い


第1話で、ヒロインが日本有数の名家の御令嬢であるという説明がなされたとき、私は正直「あー、また金持ちがヒロインのパターンね、底が知れたな」と思いました。

ラブコメって主人公やヒロインの個性を出すために、現実ではあり得ないような設定を散らばめることがあるじゃないですか?

そういうのって、正直冷めるんですよね。

でも、10分くらい観ていて段々自分の気持ちが変化しているのに気づきました。

お互いが意固地になって相手から告白を引き出そうとしてるのって、面白い

(作品タイトルには「かぐや様は」と書いてありますが、実際は「白銀君も」ですね。もちろん、今は言いませんが作品タイトルもひとつの伏線になっています。)

確かにフツーの子が単純に性格的に意固地だから自分から告白したくないっていう構図だと、ここまで絶妙な関係は築けていないですね。

作者の赤坂アカさんには脱帽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です